グローバルレベルでの競争が激化し、「モノが売れない」と嘆く企業が多くなりました。ただ、モノが売れなくなったのは本当に外部環境だけのせいなのでしょうか?

周囲を見渡せば確かに売上を上げることに苦しむ企業が多く存在する一方、同じ環境下で順調に業績を上げている企業も存在します。確かに長引いたデフレ経済の影響でサラリーマンの平均所得は下がり続け、消費の全体的な量が小さくなってきたことは事実です。マクロ経済的に見ると売上は縮小均衡といえますが、消費が全くなくなるということはありえません。

給料が減り続ける時代には生活者の消費にかける予算が少なくなるので、無駄な買い物をしないように購入対象の商品やサービスに優先順位をつけ、予算の範囲内で優先順位の上位にあるものから購入していくことになります。

好景気の時には買っていたかもしれないものでも、購入の基準が上がっているだけに、優先順位次第では「今は我慢」ということで購入につながらない、という事態に陥ります。つまり、給料が減り続けることが予測される時には購入対象から多くの商品やサービスが外れ、結果として一部の製品は売れないということになるのです。

それでは、自社の商品やサービスを優先的に購入してもらうにはどうすればいいのでしょうか? その重要な鍵を握るのが「マーケティング」ということになります。

弊社では市場調査を中心に現状の課題共有やリサーチ目的の明確化、リサーチの企画・設計・考察を丁寧に行っております。
マーケティングリサーチのご依頼の企業様はコチラからお問い合わせ下さい。

REUSE PROMOTION(公式火災保険申請サポート)

https://kasaihoken.pro

お気軽にお問い合わせください。050-5215-6789受付時間 10:00-18:00

お問い合わせ